ハチ退治で身の安全を守る!蜂の巣対策は早めの業者選びで決まる

刺激を与えない行動がポイント

蜂は攻撃性が高くて危険な生物ですが、刺激さえしなければあちらから積極的に攻撃を仕掛けてくることはありません。

蜂に戦いを挑んで逆襲された人の失敗談

最近では殺虫剤などの道具を利用して蜂の巣を駆除 する人が出てきていますが、こうした方法だと蜂から攻撃を受けて大怪我を負う可能性が高いです。"

殺虫剤で対応したら蜂に囲まれていました。(30代/男性・会社員)

自宅にいつの間にかできてしまった蜂の巣を自分で駆除しようと思い、市販の殺虫剤などで駆除を試みました。しかし殺虫剤を使用している時に四方から蜂に襲われてしまい、身体のいろいろな場所を蜂に刺されてしまいました。

巣を焼けば解決すると思ったが…(40代/男性・住職)

寺の中に存在している蜂の巣を退治しようと火がついた竹を使ったのですが、巣から出てきた大量の蜂に襲撃されてしまい竹を放り出して逃げる羽目になりました。結果的に蜂の巣を撤去することはできましたが、寺も同時に全焼したため後悔しています。

自治体を利用する際に懸念されること

一部の自治体では住宅にできた蜂の巣を役所に駆除してもらうことが可能ですが、役所の駆除サービスにはいくつかの欠点が存在しています。